So-net無料ブログ作成
検索選択


麦とホップ [懸賞]

サッポロビールが開催していた「新春!国民的じゃんけん大会」で、見事「麦とホップ」をいただきました。

1001_mugi_to_hop.jpg
12本!


私、普段は家でアルコールは飲みません。こんな風にいただいた時はしっかりと飲みますけどねぇ。調べてみたら、約1年ぶりですね。1本づついただくことにします。

1001_mugi_to_hop_3.jpg
まずは3本を冷やしましょう



そういえば、も冬ですね。夏場に欲しい気もしますが、冬場にもらった時は、たこ焼きなどで飲むとおいしいです。今回も何度かたこ焼きをすることになるでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アバター(AVATAR)- 東京楽天地株主招待券 [結果報告]

アバター [初回生産限定] [DVD]前回に続いて、映画鑑賞となりますが、1月分の東京楽天地の株主招待券で、すごく話題になっている「アバター」の3D版を見てきました。今回、これを見たい!と言うのが無くて、3Dで話題になってるし、見とこかなぁと言う感じで見に行ったんですが、予想に反して、内容も割とおもしろかったです。

で、3Dの感想ですが、まず、映画館に行って、鑑賞券と交換する際に「3D料金」を請求されてしまいました。300円。予想外だったため、「えっ!?マジで!?」とか反応してしまったところ、ここに書いてるやろ的な態度でポップを示し、「3Dじゃないのは1時間後くらいに始まりますが・・・。」とか。ま〜、3Dでなければ、これを観に来た意味が半分くらい無くなってしまうで、300円払いました・・。

映画の3Dの方式はいくつかあるらしいのですが、この映画館ではXpanDと言う方式を採用しています。で、眼鏡が必要なんですが、レンズが汚れてます・・。拭いた形跡はあるんですが、汚い。仕方が無いので、自分でも拭きましたが、拭けば拭くほど変に汚れる感じで、結局上映開始まで、延々と磨いていました。こう言うのは汚れるのは見えているので、使用後は洗浄液などにつけて、綺麗に洗浄して欲しい気がしますね。そして、私は普段から眼鏡をかけているんですが、その上からでも、特に言うほどつけにくいと言う感じはありませんでした。こちらは問題なしですね。

3Dの効果はと言えば、奥行きのある人工的な構造物、遠近の感覚が非常に大きい風景などではすごく奥行きを感じでいい感じでした。また、顔を多少動かしても特に3D効果には影響なく、レンズから視野が外れない限りは問題なく3Dに見えました。一方、多少スクリーンが小さくなった様に感じます。また、レンズに色がついているためだと思うんですが、色味が多少変わります。暗くなる感じですかね・・?


と言う事で、3D映画は眼鏡が必要な間はもういいですかね。この映画も内容が良かったので、普通のバージョンで観れば良かったかなぁとも感じました。





   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

幸せはシャンソニア劇場から(Faubourg 36)- 東京テアトル株主優待 [結果報告]

映画「幸せはシャンソニア劇場から」オリジナル・サウンドトラック今年2作目の劇場鑑賞映画は東京テアトルの株主優待券で「幸せはシャンソニア劇場から」です。

フランスのある町にとある演芸劇場(?)が舞台です。古くからある劇場なのですが、演目の内容から業績不振で、色々といざこざがあり、一旦閉鎖になってしまいました。元従業員はおのおの再就職を目指しますが、うまく行きません。元従業員が集まり、再度この劇場を建て直そうというところで、大昔にこの劇場で舞台に立っていた女性の娘が現れます・・。

と言う感じですが、舞台がフランスのかなり古い時代(世界恐慌の頃らしいです)で、画面からもそのような雰囲気がよく出ていました。と言うか、とても古い雰囲気だったので、昔の映画をピックアップして上映してるのかと思いました。内容は、上記のような感じですが、仕事仲間同士の友情みたいなのや、親子の愛情など、いい感じで描かれていましたね。


以上、こちらもまあまあいい映画でしたので、まだやっる劇場があれば、ご覧ください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

日経エレクトロニクス1年分 [懸賞]

今年で三年目を迎えた日経エレクトロニクスです。例年のごとく、TRON SHOW 2010の事前登録特典でいただきました。

01_nikkei_electronics.jpg
毎度、お世話になっております


もう、二年ももらっていると、結構日常的に読むようになっていまして、無くなるとちょっと寂しいなぁと感じていたところでした。これまで、雑誌と言えば、コンピュータ系の雑誌かプログラミング言語系の雑誌と言った、ある程度分野が絞られたものばかりだったのですが、この雑誌は「エレクトロニクス」と言う割とゆるい縛りで技術系の話題を全般的に取り上げてくれています。

内容もニュースや製品の分解、業界動向やその分析、過去の出来事について実際に対応していた方へのインタビューを交えたドキュメンタリーとわかりやすく飽きの来ないものになっています。


と言うことで、気になる方はどうぞご購入を。年間購読だけでなく、単巻の購読も可能です。




お申し込みはこちらでどうぞ。

定期購読単巻ならこちら
 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。